黒にんにくの特徴と通常のにんにくの製造方法・栄養価の違い

にんにくサプリ

黒にんにくの製造は、基本的に通常のにんにくを発酵室に入れるところから始まります。

 

この際の大事なポイントは発酵室の適正な管理です。
最善なのは80度くらいの温度に保っておくことです。

 

発酵室に入れてから数日後には、非常に強いにおいが出てきます。
さらに数日たつと色が茶色っぽくなり、中身は黒くなってきます。

 

さらに熟成させれば黒にんにくが出来上がります。
これが黒にんにくの一般的な製造方法です。

 

通常のにんにくよりも栄養価が高いとされる黒にんにく

にんにくサプリ

黒にんにくは、通常のにんにくよりも栄養価が高いことで知られています。

 

たとえば、発酵や熟成という過程を経ることによって、S-アリルシステインという成分が急激に増加します。
この成分は、通常のにんにくにはごく微量しか含まれていませんが、非常に重要な成分です。

 

黒にんにくの栄養はポリフェノールが通常のにんにくと比べて、8倍以上、アミノ酸18種類のうち13種類が増加するとも言われており、発酵による熟成の恩恵を受けているのがわかります。

 

発酵と言えばお味噌なども有名ですが、あちらも大豆を発酵させることで、本来持つ栄養価を高めています。
黒にんにくは日本の発酵技術によってさらに健康に嬉しい食材として取り入れられるようになったというわけですね。

 

にんにくサプリでも通常のにんにくよりも黒にんにくを使用したサプリの方が、栄養価が高いと言われていますので、にんにくサプリを選ぶ時にはチェックしてみてはいかがでしょう?

 

黒にんにくを使用したにんにくサプリ

熟成にんにく卵黄・黒の力

 

にんにくサプリ